• HOME
  • 診療案内
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • リンク集

東池袋の歯科「Bloom Dental Salon-ブルームデンタルサロン-」の一般歯科

HOME >> 診療案内 >> 一般歯科

一般歯科

「沈黙の病気」とも呼ばれる歯周病は、30代前後で80%の方が発症していると言われています。歯周病は発症しても痛みがないため、自覚症状のないまま進行すると、気がついたときには重度の症状になっていて取り返しがつなかいという事もあるのです。
そこで重要になるのが、歯や歯茎に付着したプラーク(歯垢)を抑制・除去するプラークコントロールです。プラークは歯周病だけでなく口臭の原因や、虫歯菌の増殖にも深く関わっているのです。

家庭で出来る歯のケア

歯ブラシを使用したケア
1.
奥の臼歯から、ブラシが歯と歯茎の間に斜めに(45度)当たるようにしマッサージするように数ミリぐらいの細かい振動で磨きます。
2.
1本20ブラッシングを目安に横方向に磨いていき、歯1本分づつずらして全ての歯を丁寧に磨きます。
3.
ブラシに力を入れすぎないように、毛先が歯と歯茎にまっすぐ当たるぐらいの力で縦方向に磨いていきます。
フロスを使用したケア

歯ブラシでは入り込めない歯と歯の間をケアするデンタルフロス(糸ようじ)は、糸状の物とホルダーに糸のついた物とがあります。糸状の物は指に巻き付け歯と歯の間に入れノコギリをひくようにし上下させながら歯垢を落とします。ホルダー状の物も使用方法は同じですが、握る部分があるため初心者の方でも使いやすいです。

歯間ブラシを使用したケア

比較的、歯の隙間が広い方におすすめです。また、歯の隙間にあったブラシもお選びいただけます。 使用方法はブラシ部分のネックを磨きやすい角度に曲げて歯や歯茎を傷つけないようゆっくり挿入し、掻きだすように磨きます。

歯間ブラシやフロスなど、オーラルケア用品

クリーニング(PMTC)

毎日丁寧にブラッシングしていても、どうしても着いてしまう汚れやタバコやコーヒーなどによる着色を除去するには、歯科で専門の器具を使用した歯のクリーニング(PMTC)がお薦めです。

歯のクリーニングをする事によって、虫歯予防や歯周病の予防改善、口臭予防、歯質の強化、歯の着色汚れを除去する等、様々な効果があります。定期的に歯のクリーニングを行うと美しく健康な歯を長く保つ事ができます。

PMTCの流れ
1.
プラーク(歯垢)の染め出しをします。
2.
専門器具を使用して着色汚れ・歯垢・歯石を除去します。
3.
研磨剤と専門器具を使い歯の表面をツルツルにします。
4.
天然のハーブ入りジェルで歯茎のマッサージをします。
5.
フッ素(虫歯予防やステイン・ヤニの再付着防止)塗布
歯のクリーニング(PMTC

¥8,000/1回クリーニング(PMTC)

※上記料金以外に、消費税等が別途かかります。なお、平成26年4月1日以降は8%の消費税等、 以後税率改定が生じた場合には改定後の税率となります。


ページの先頭へ